TOPICS
March 09, 2008

Research

現在、G-Labでは“関節運動のバイオメカニクス”と“脊椎疾患の運動療法”の2つを中心に研究を進めています。

 

運動解析グループでは、関節運動をミリ単位で正確に解析するため、フロリダ大学のScott A. Banks, PhDによるX線透視画像を用いたshape-matching法(誤差1.5mm、1.5度以内)により、全身の様々な関節運動についての研究を進めています。また、同じくフロリダ大学のNigel Zheng, PhDが開発しているモーションキャプチャー装置を用いたBMA法の妥当性検証プロジェクトに参加し、東京大学の共同研究者らと連携して被曝や侵襲なく2mmまたは2度以内の誤差で膝関節の運動を解析できる方法の開発を進めています。

 

以上のような精密な関節運動解析技術を用いると、ACL損傷膝やOA膝の異常運動について、あるいは投球動作を模した外旋運動中に上腕骨頭が何ミリ上方に移動するのか、といった微細な関節運動を調べることができます。これら以外にも、足関節の機能的不安定性や足部アーチ機能、頚椎の異常運動の解析、肩関節後方拘縮の影響、人工膝関節のキネマティクス、などの研究を進めています。

 

一方脊椎グループは、骨盤や胸郭のアライメンと分析法の確立とともに、その有効な治療法・調整法について研究を進めています。主な治療手段としては、ストレッチポール(株式会社LPN)やATM2(インターリハ株式会社)について検証しています。ストレッチポールについては、脊椎のリアライメント効果、胸郭可動性改善効果、姿勢改善効果、腰痛に対する治療効果、高齢者に対する全身コンディショニング゙効果など、多方面から研究を進めています。ATM2については、筋原性(筋スパズム)の腰痛や頚部痛への治療効果の検証、柔軟性・可動域改善効果、姿勢改善効果、脊椎・胸郭へのモビライゼーション効果、などについての検証を進めています。

 

今後全国の臨床家とのネットワークを作り、より広い対象者についての臨床データを蓄積する予定です。脊椎への運動療法の効果判定を行うためには信頼性の高いデータを多数集める必要があり、より正確な脊椎の可動域の計測方法の検討やshape-matchingを用いた脊椎運動解析などの応用についても検討を進めています。

 

G-Labの研究手法、現在進行中の研究テーマ、研究メンバー、共同研究者についての詳細は右のリンクからご覧ください。我々の研究手法やテーマをご覧になり、共同研究や大学院進学にご関心のある方からのご連絡をお待ちしています。